更年期サプリランキング

更年期サプリ辛い更年期を乗り切ろう!

急に体が火照るように熱くなり大量の発汗をするホットフラッシュ、お風呂上りなのに手足の指先の温かさが長持ちせずすぐに冷え切ってしまう、ちょっとした事なのにイライラが止まらない、目の前がフワフワするようなめまい、何となく気分が落ち込んで何もする気が出ないなど更年期の症状は様々ですが、どれも症状が重くなると辛いものです。多くの女性がこの更年期を経験しますが、人によって症状の種類や重さはまちまちです。更年期サプリは種類が沢山あってどれを選んだらいいか迷ってしまうと思いますが、自分の症状にあったサプリ成分を知ってその成分の配合された更年期サプリを選ぶようにしましょう。もちろんコストもそれなりにかかるのでお財布と相談して自分にあった更年期サプリを見つけましょう。ここでは自分に合った更年期サプリを探している方に向けておすすめの更年期サプリを紹介しています。更年期サプリ選びの参考になれば幸いです。

 

 

1位 エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオールはスーパーイソフラボンとも呼ばれていて、女性ホルモンに似た働きをするため更年期対策として活躍してくれる成分です。大豆イソフラボン(ダイゼイン)を摂取した時、腸内細菌の働きによってエクオールに作り替えられますが、日本人の2人に1人がこの大豆イソフラボンをエクオールに作り替える腸内細菌を持っていないことが分かっています。つまりこの腸内細菌を持っていない方が更年期対策としていくら大豆イソフラボンをとってもあまり実感出来ないということになります。エクオール+ラクトビオン酸なら大豆イソフラボンではなくエクオールそのものを直接摂れるため腸内細菌の有無に関係なく更年期対策をする事が出来ます。

 

ラクトビオン酸はカスピ海ヨーグルトにだけ含まれている成分です。エクオールの吸収力と生産力を高めてくれるのでエクオールとの相性も抜群です。でもエクオールのサポートのためとはいえ毎日カスピ海ヨーグルトを食べるのは中々難しいですよね。エクオール+ラクトビオン酸なら1日に必要なエクオールと一緒にラクトビオン酸も摂れるのでより効率よくエクオールを取り込む事が出来ます。更にラクトビオン酸にはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。女性ホルモンには骨の健康を保つ働きもありますが、女性ホルモンの減少してしまう更年期以降は骨が脆くなりやすいためラクトビオン酸の働きはとても重要になってきます。

 

飲んでみた感想

私が更年期対策で一番おすすめしたいサプリはエクオール+ラクトビオン酸です。ホットフラッシュや気分の落ち込みに悩み、色々な更年期サプリを試してもイマイチ実感が薄かった頃に出会ったのがエクオール+ラクトビオン酸でした。「また同じ結果になるかも」と不安ながらも飲み始めてみると2週間くらいで変化を実感しました。落ち込みがちで何かモヤモヤとするような感じだったのが、スッキリとした気分になって昔のような元気を取り戻せた気がします。ホットフラッシュも気づいたら減っていたのはこのサプリのお陰だと思います。今も飲み続けていますが、更年期が終わるまではエクオール+ラクトビオン酸の力を借りていきたいと思います。

 

 

2位 nu 有機田七人参

 

田七人参に含まれるサポニンは体のめぐりを良くする働きがあるため更年期に入ってから冷えやすくなった方に特にオススメです。更に自律神経を調節する働きもあるので冷え以外の更年期対策としても優秀な成分だと言えます。そしてこのnu有機田七人参なら何と4粒で120mgものサポニンが摂れるんです!他にもサポニンサプリは数多くありますが、これだけの量を一度に摂れるサプリは今のところ他にありません。

 

従来の田七人参の生育方法では害虫に弱い田七人参を守るため農薬を使うのが一般的でした。しかし農薬の中には人体に悪影響を及ぼすものも使われていました。nu 有機田七人参に使われている田七人参は害虫対策も天然素材を利用するなど、無農薬の有機栽培に拘って作られました。

 

加工は国内のGMP認定を受けた工場で行われます。GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で「適正製造規範」を意味します。入荷から加工、出荷に至るまで全工程で基準が設けられ、一定水準以上をクリアしないと認定を受ける事は出来ません。こうした厳格な品質管理の元、添加物を使用せずに加工されたnu 有機田七人参は、田七人参が持つ良さを最大限に味わえるサプリに仕上がっています。

 

飲んでみた感想

エクオール+ラクトビオン酸の次にお勧めなのが「nu 有機田七人参」です。サポニンサプリもいくつか試してきましたが、実感力はこれが一番だと思いました。元々冷え性では無かったんですが更年期に入ってから指先が冷えやすくなっていました。サポニンサプリはどれもサポニン特有のじんわりと温まる感覚がしますが、このサプリは実感するまでが早かったですね。飲み始めてから1週間程度で内側からポカポカするようになってきて、次第に指先の冷たくキンキンする感じもしなくなりました。私の場合、ホットフラッシュのほうが辛かったので今は飲んでいませんが、更年期の冷えを重視したい方には「nu 有機田七人参」を強くオススメしたいですね。

 

 

更年期障害とは?

そもそも「更年期」とは、閉経の前後5年合わせて10年の期間の事で、この時期に起こる様々な体の不調を「更年期障害」と呼んでいます。では何故更年期にからだの不調が起こるかというと、閉経に伴って卵巣の機能が低下し、それによって分泌されていた女性ホルモンの量が極端に減ってしまうため、ホルモンバランスが崩れ自律神経が乱れるようになります。体の機能を調整してくれている自律神経が乱れる事で、正常に機能しなくなり、体の不調となって現れます。急な火照り(ホットフラッシュ)、冷え、めまい、立ちくらみ、頭痛、肩こり、腰痛などの不調に加え、気分の落ち込みやイライラなど精神面でも不安定になりやすい状態になります。

 

病院では更年期に減ってしまった女性ホルモンを補充することで症状を緩和しようとする治療法があり、これをHRT(ホルモン補充療法)と言います。医師の診断は必要ですが健康保険が適用されるため想像するより比較的安価で受けられ、実感も大きいようです。しかし、HRTには小さい確率ではありますが乳がんの危険性も含んでいます。

 

若くても更年期障害になる?

更年期要害は一般的に40代〜50代の女性がかかるものですが、最近20代〜30代で更年期障害の症状を訴える方がいます。これは「若年性更年期障害」といって何らかの理由で女性ホルモンの分泌量が減ってしまいその結果、更年期障害に似た症状が表れるようになります。夜更かしのしすぎで睡眠不足だったり、無理なダイエットをしていたり、ヘビースモーカーだったりなど主に生活習慣や食生活の乱れが原因で女性ホルモン量が減ってしまうようです。